家具本舗 > コルクマット情報 > コルクマットを洗面所・脱衣所に敷く時の注意点-3点

コルクマットを洗面所・脱衣所に敷く時の注意点-3点

コルク的は撥水性・断熱性があり、洗面所や脱衣所に敷きたいと思っている人も多いと思います。

洗面所・脱衣所は冬は寒くなりやすい場所なので、足元からの冷えを解消したいですよね!

でも普通のマットを敷いてしまうと、濡れた時のお手入れや汚れた時の掃除機かけなど、手間が増える上に、濡れたままにしておくとカビが生えてしまいます。

そこでコルクマットの出番となりますが、ここでは洗面所・脱衣所にコルクマットを敷く時の注意点をご紹介しますね。

洗面所・脱衣所の問題点

【洗面所・脱衣所は湿度が高い】

コルクマットは水濡れに強い素材です。

水がかかっても問題ありませんが、洗面所・脱衣所は一年中、湿度が高い場所です。

いくら水に強いと言っても、そういう場所でコルクマットを使う時は、カビに気を付けなければなりません。

【カビはどこにでも生える】

カビは温度や湿度などの条件がそろえば、どんな場所にでも生えてきます。

コルクマットは防水性が高く、気密性もあるので、湿気が逃げない性質のものです。

湿気がこもれば自然とカビが発生しやすくなります。
コルクマットの表面というより、裏側にカビが生えやすくなりますので、要注意なのです。

 

【コルクマットを敷く利点とは】

冬、寒くて冷たい床にコルクマットを敷く効果は絶大です!
試しに一度敷いてみると、その心地よさに、使用を止められなくなると思います。

洗面所・脱衣所に足ふきマットなどを敷いているご家庭が多い事と思いますが、コルクマットは全くその感触が違います。

8mm~11mmの厚さのクッション性が気持ちよく感じることでしょう。

 

【洗面所・脱衣所でコルクマットを使う時の3つの注意】

実際に水回りでコルクマットを使う時には以下の点に注意しなければなりません。

1. 濡れたらすぐに拭く

2. 湿度が上がりすぎないようにする

3. 掃除しやすいように敷く

 

【濡れたらすぐ拭く】

コルクはワインの栓に使用されるくらい、液体に強い素材です。

コルクマットはそのコルクから作られていますから、もちろん、水はねにも強い特性があります。

撥水性が高いこともあり、洗濯時や洗面時に水が飛んでもすぐに拭き取ればまったく問題ありません。

ただし、完全防水ではないので濡れたまま放置しておくと時間とともに浸透してしまいます。

脱衣所でコルクマットを使う時には、お風呂の入り口にはバスマットを敷いて、コルクが濡れる事を防ぐよう、気を付けてください。

【湿度が上がりすぎないようにする】

洗面所・脱衣所は一年中、湿気がこもりやすい場所です。

外気を取り入れる窓がなければ、なおさら湿気が逃げません。

コルクマット自体がカビやすい素材というわけではありませんが、こういう場所ではやはり、カビが発生する可能性はあります。

コルク面はさほど、気にすることはないと思います。

通気性がいいので、万が一カビが生えてもすぐに気がづきます。

ところが裏面は通気性が悪く、マットの気密性が高いのでカビが生えてもすぐに発生できなくなりがちです。

理想は定期的にマットを剥がして立てておき、通気をよくする、換気扇をこまめに回す、

洗面所・脱衣所のドアを開けておくなど、湿気がこもらない工夫をすることが大事です。

 

【掃除しやすいように敷く】

コルクマットは簡単に敷けますし、肌触りがいいのでつい、部屋全体に敷きつめたくなると思います。

そのほうが、断熱性・気密性の特性を考えると合理的ですよね。

見た目にも美しく整います。

でも、そうすると簡単に剥がして掃除をしにくくなってしまいます。

リビングやキッチンなどでは部屋全体に敷き詰めても問題ありませんが、湿気のこもりやすい場所では、こまめな換気と掃除が必要になります。

そこで、カビの発生を抑えるためにも、隅までピッタリ敷くことは避け、すぐにマットを剥がせる状態にしておくことをお勧めします。

特に梅雨の季節は湿気が高くなるので、こまめなお手入れをしてカビを防ぎましょう。

普通のマットもそうですが、フローリングに敷きっぱなしにするとカビが生えますよね。

そうならないように、時々コルクマットを剥がして乾燥させることを心がけましょう。

 

【まとめ】

脱衣所や洗面所にコルクマットを敷くメリットは大きいですが、反面、気密性があるため、湿度の高い場所では裏側にカビが生える可能性もあります。

出来るだけコルクマットを衛生的に長持ちさせるために、ちょっと工夫してお手入れしてあげましょう。

湿気のある場所でのお手入れはコルクマットに限った事ではありません。

湿気対策の手間を差し引いても、洗面所・脱衣所でコルクマットを敷いた快適さは他のマットでは中々得られないと思います。


同ジャンル関連ページ