家具本舗 > コルクマット情報 > ペット > ペットにやさしいコルクマット

ペットにやさしいコルクマット

今や、ベビーブームではなく、すっかりペットブームになりましたね。

少子化の問題もあって、1994年の調査では約1,522万匹だった犬と猫の飼育数が2008年には約2,399匹にまで増えて、15歳未満の子供の数、約1,725万人を上回ったのです。

子供の数とペットの数が逆転してしまいました。

室内でペットを飼育するご家庭も多いと思いますが、そこで問題となるのが室内でのペットの怪我です。

今の日本の住宅では和室より洋間、フローリングのお部屋が増えてきていますがこのフローリング、実は特に小型犬にとっては怪我しやすい環境となってしまうのです。

小型犬も猫も、室内で元気に走り回るのが常ですが、フローリングだとツルッと滑って転んでしまうことがよくあります。

小型犬に多いのは「膝蓋骨(しつがいこつ)脱臼」というもので、高いところから飛び降りたりジャンプしたり、転倒したりすることで骨の関節が本来の位置からズレてしまう状態をいいます。

どんな犬種でも脱臼する可能性がありますが、特にトイプードルやチワワ、ヨークシャーテリアなどが脱臼しやすいといわれています。

膝蓋骨(しつがいこつ)とは膝のお皿と呼ばれる部分のことです。
膝蓋骨脱臼は先天性と外傷性のものがあり、この外傷性のものが転倒やジャンプ、交通事故が原因で起こるのです。

また、脱臼だけでなく時には、骨折したり捻挫してしまうこともあるのです。

膝蓋骨脱臼は症状によって4つに分けら、グレードⅠ~グレードⅣまであります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(以下、アクサダイレクト いぬと暮らす、ねこと暮らす より抜粋)

グレードⅠ: 普段は無症状だが、時々症状がでる。
       日常生活にあまり支障がない

グレードⅡ: 時々足を浮かせて歩いているが、曲げ伸ばしをすると簡単に整復される。
       日常生活に大きな支障はない

グレードⅢ: 常に脱臼している状態だが、整復することが可能
       足を引きずる、しゃがんだ姿勢で歩くなどの症状がでる

グレードⅣ: 常に脱臼していて、整復することもできない
       骨が変形し、膝を曲げた状態で歩いたり、全く歩けない状態になることもある

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

グレードⅡまでは症状が軽いので、飼い主さんが気づかないことも多いのですが、脱臼を繰り返すことで関節に炎症が起こり、関節炎を発症することもあるので、見逃せない怪我です。

症状が重くなると、外科的手術でないと治らない事もありますので、飼い主さんは常に犬の足の状態を観察する必要があります。

また、高いところに飛び乗ったり飛び降りるのが得意な猫ですが、高齢化すると骨が弱っているので、思わぬ怪我につながることもあります。

室内でペットを飼うときには「家の中の怪我」に気をつけなければいけません。

ところで、フローリングのリビングなどにカーペットや絨毯を敷いていませんか?
見た目にもキレイで冬のフローリングの冷えを解消してくれると思うのですが、ペットを飼っているとそのお手入れが意外と大変だったりします。
毛足の長い絨毯などは掃除機をかけただけではペットの毛が取りきれないことがるのです。
細かいホコリや、時にはダニも絨毯に残っていることがあります。
ペットが粗相したり、吐いたりしたときの洗濯も大変ですよね!

そんなときに役立つのが「やさしいコルクマット」です。

 

コルクマットとはコルクにEVA樹脂を張り合わせて作られたジョイントマットのことです。

大きさは30cm四方のレギュラーサイズと45cmのラージサイズがあり、厚みはそれぞれ8mmと11mmになります。

コルクマットがペットのいるご家庭に向いている4つの理由

1.クッション性、衝撃吸収力が高い
2.掃除が簡単
3.部屋の形や大きさに関係なく敷くことができる
4.防音性がある

クッション性、衝撃吸収力が高い

 レギュラーサイズでも厚さが8mmあり、コルクに加えてEVA樹脂という非常にクッション性の

 高い素材を組み合わせることで、高いところから飛び降りたときの衝撃を抑えることができる。

 EVA樹脂とはビーチサンダルやスニーカーの靴底に使われる非常にクッション性の高い素材ですが

 人体に有害な環境ホルモンを含んでいません。

 ポリエチレンのように塩素を含んでいないので、焼却してもダイオキシンを発生させません。

 犬や猫が間違って口に入れても無害で安全です。

掃除が簡単

 普段は掃除機をかけて表面のゴミやペットの毛を吸い取るだけです。

 水やコーヒーをこぼしても布でササッと拭くだけで、下まで浸透しない撥水性があります。

 ペットが粗相してしまって、拭いただけでは汚れが取れないときは汚れたマットを剥がして
 流水でザーッと流せます。

 あとは陰干ししてよく乾燥させて、元のところにはめ込むだけです。

部屋の大きさや形に関係なく敷くことができる

 コルクマットはハサミやカッターで簡単にカットできます。

 家具を避けて敷くことや、廊下やキッチン、脱衣所などにも敷くことができます。

防音性がある

 コルクマットは柔らかい素材で作られていて、衝撃や音を吸収することが出来ます。

 ペットが走りまわったり、飛び降りたりしたときの「ドスン」という音を吸収してくれるので、
 マンションなどにお住まいの方で、階下への防音を気にされている方には便利な商品です。

《まとめ》

室内で犬や猫を飼育するときにはまず、怪我をさせないように気をつけたいものです。

また、床の防音対策を考えていたり、毎日の掃除の手間を軽減させたいと思っている方もコルクマットを敷くことで、状況が改善します。

ジョイント式なので手軽に敷くことが出来る上に、ペットの毛や細かホコリも掃除機で吸うだけの簡単お掃除。

汚れてしまっても、その部分だけ洗ったり予備のマットに取り替えるだけでお手入れがかなりラクになります。

コルクマットのメリットの一つに断熱性があります。

フローリング床は冬、とても冷たいし、反対に夏は素足で歩くと汗でペタペタしますよね。

コルクマットは床下からの冷気をシャットダウンするので、素足であるいてもあまり冷たくありません。

夏は汗を吸収してくれるので、表面がサラッとした肌触りです。

コルクマットは一年を通じてお使いいただける便利な商品になります。


同ジャンル関連ページ