家具本舗 > コルクマット情報 > 赤ちゃん、子供 > 赤ちゃんにやさしいコルクマット

赤ちゃんにやさしいコルクマット

子育て中のお母さん、毎日赤ちゃんのお世話と家事で大変ですよね!

赤ちゃんも生まれたばかりの頃は寝たきりなので、さほど心配はないと思うのですが、ハイハイを始めたり、つたい歩きを始めた頃って目が離せないのではないですか?

 

ちょっと目を離した隙に転んでフローリングの床に頭をぶつけて泣き出す、少しの段差から落ちてしまうなどの事故が気になって気が休まりませんね。

 

赤ちゃんは頭でっかちでバランスが悪いので、ほんの少しの弾みで転んで頭をぶつけてしまうのです。

赤ちゃんが生まれるのをきっかけにフローリングにカーペットや絨毯を敷いたり、ラグマットを置いたりしているご家庭も多いと思います。

それが赤ちゃんが怪我をしないようにという予防目的であるなら、あまり効果はないと思いませんか?

 

カーペットや絨毯は思ったほどクッション性や衝撃吸収性が高くありません。
相当、毛足の長い絨毯なら衝撃吸収職は高まるかも知れませんが、その分掃除が大変だというデメリットも出てきます。

 

毛足が長いカーペットは掃除機を普通にかけただけでは、絡みついた毛や細かいホコリを取りきることが出来ないのです。

赤ちゃんが吐いたり、粗相をしてしまうとその部分だけ洗うことも出来ないし汚れやゴミがついた状態では、不衛生になってしまいます。

 

また、フローリングはリビングなどのお部屋だけではなく、廊下やキッチン、脱衣所にもありますよね。

それら全てに絨毯やカーペットを敷くことはできません。

 

そんなときに便利なのが「やさしいコルクマット」という商品になります。

 

コルクマットはジョイント式のマットです。
大きさは30cm四方のレギュラーサイズと45cm四方のラージサイズの2種類があります。

 

ジョイント式なので、お部屋の大きさや形に係わらず敷きつめることができます。
というのも、コルクマットはハサミやカッターで簡単にカットすることができるからです。

 

家具の回りをよけて敷いたり、廊下やキッチンにピッタリ収まるように敷くことができます。

 

赤ちゃんの怪我を予防する目的なら、そのクッション性と衝撃吸収力は抜群です。
コルクマットはコルクとEVA樹脂というクッション剤を張り合わせて作られています。

 

コルクの弾力性もさることながら、お風呂マットやビーチサンダルに使われるEVA樹脂の衝撃吸収力がとても高いのです。

赤ちゃんが転んで頭をぶつけても「ゴンっ」という鈍い音はしませんし、実際に転んだ時にも泣きませんでしたから、さほどショックは受けなかったのでしょう。

 

廊下やキッチンに、ちょこちょこと歩いていって転んでも床に頭をぶつけて怪我をする危険性は少なくなります。

ただ、テーブルの椅子とか家具に頭をぶつけることがありますので、予めクッションシートを家具やテーブルに巻いておく工夫は必要ですが。

 

コルクマットの利点はこのクッション性、衝撃吸収力、カットしやすい素材というだけでなく、その安全性にあります。

 

コルクは天然素材ですし、EVA樹脂も人体に悪影響を及ぼす環境ホルモンを含んでいません。
EVA樹脂はエチレン酢酸ビニル共重合樹脂でチューインガムにも使用されることから食品衛生法の厳しい基準により製造されています。

 

したがって、赤ちゃんが間違って舐めたり口に入れたりしても、大量に食べてしまわない限り、安全性に問題はありません。

さらに、子育て中の忙しいお母さんにとってありがたいのは、お手入れが簡単だということです。

 

普段は軽く掃除をかけるだけですし、水やジュースをこぼしても乾いた布や、固く絞った雑巾などでサッと拭くだけ。

撥水性があるので、すぐに水分がマットの下まで浸透することがないのです。
ケチャップやマヨネーズ、スープをこぼしてしまったら、汚れたマットを一枚剥がして流水でザーッと流せば、たいていの汚れは落ちます。

 

ただ、濡れたままにしておくとマットが劣化しますので、必ず陰干しして完全に乾かしてから元の位置にはめ込むようにします。

完全に乾いていないと、コルクマットとフローリングの間にカビが生えたり、それがダニのエサになって繁殖することもありますので、これは気をつけていただきたいことです。

 

《まとめ》
赤ちゃんがハイハイしたり、つたい歩きをするようになったら怪我の防止にコルクマットをおススメします。

クッション性の高いことに加えて、掃除もラクですし舐めてしまっても安全です。
ジョイント式でカットも簡単に出来ますから、どんな空間にでも敷きつめることができます。


同ジャンル関連ページ