家具本舗 > コルクマット情報 > コルクマットってカビるんですか!?

コルクマットってカビるんですか!?



フローリングや畳の上にコルクマットを敷きたいと思っても、カビが心配でなかなか購入できないという方も多いのではないでしょうか?


特に赤ちゃんやペットがいるご家庭、アレルギーのあるご家族がいる場合は心配ですよね?

梅雨時はもちろん、部屋を閉め切って暖房器具や加湿器を使う冬だって、カビの心配はあります。


でも!実はコルクってカビに強い素材なんです。
コルクには湿気や水分に対して強い耐性があるからです。


とはいえ、湿度が低いことに越したことは無く、使い方を誤ると、やはりカビが生えてしまいます。

湿気や水分に耐性があるコルクは、その分湿気が溜まりやすいということです。


では、どうやってカビを発生させずに上手にコルクマットを使えばいいのか?ということになります。

まず、4つのカビが発生しやすい使い方とその解消方法をお伝えします。


カビが発生する4つの事例


フローリングの上にコルクマットを、さらにその上にカーペットを敷いている場合。


解消方法→寒い地域、湿度が比較的低い地域であればカビが発生しないこともあります。


しかしカーペットはダニの温床になることもあるので出来れば年に一度くらいは、全部はがして掃除する
必要があります。


コルクマットを一年中、敷きっぱなしにしている場合。


解消方法→ 住居の環境によりますが、衛生面を考えるとやはり時にははがして掃除するのがいいでしょう。
コルクマットはジョイント式なので、はがすのも簡単ですね。


畳の上にコルクマットを敷いている場合。


解消方法→ これもやはり、畳の表面に湿気がこもることがありますので、時々はがして掃除をすることをお勧めします。


コルクマットの上にマットレスや布団を敷いている場合。


解消方法→ 万年床(まんねんどこ)で、布団を敷きっぱなしにすると、寝ている間にかいた大量の汗が下のほうに
いきます。


すると布団とコルクマットの間にたまってしまうので毎日布団を上げるのが大前提となります。


まとめ


地域にも寄りますが、日本には梅雨があり夏は湿度が高くなります。
それに加えて現代は住宅も密閉性の高いものが多くなっています。

そういった環境でコルクマットやカーペットを敷くというのは、やはりカビが発生しやすくなります。


要は湿気をためずに風通しをよくする事です。ごみやホコリもカビの養分になるので、こまめな掃除がカビを発生させない効果的な方法です。


定期的にはがして掃除をする。もし水をかけて汚れを落としたり、雑巾がけをした場合は、しっかりと乾かしてから再度はめ込むなど基本的な方法がカビを発生させない方法になります。

こまめに掃除をするのが難しいのであれば、できるだけ喚起をして部屋に湿気をためないとか、年に一度の大掃除でコルクマットの裏を掃除するだけでも、効果的です。



コルクマットの通販は
「通販ショップ家具本舗」
がおススメです!


高齢の両親の介護の経験があり、現在2匹のアメショーのネコたちと
暮らす店長が、高齢者やペットにやさしいコルクマットの紹介をさせていただいています。

商品をお選びやすいようにサイズ別に並べた、わかりやすいショップになっておりますので、コルクマット本体と
一緒にサイドパーツもまとめてご購入をお考えの方は是非どうぞ!。


*税込合計購入金額が8,000円以上で送料無料になります。






同ジャンル関連ページ