家具本舗 > コルクマット情報 > コルクマット13個のデメリット(欠点)

コルクマット13個のデメリット(欠点)



赤ちゃんやペットが転んでも怪我しないように、フローリングの床に敷くコルクマットには「防音性がある」、「クッション性がある」、「断熱効果がある」などのメリットがあります。

しかし、口コミに寄せられたご意見の中にはコルクマットならではの欠点(デメリット)もあることも確かです。
人気の高いコルクマットですが、購入前にはデメリットについても確かめたいですよね。

そこでこちらでは敢えて耳の痛いコルクマットのデメリット13個と、その対応策についてご紹介しようと思います。

コルクマット 13個のデメリット


マットの表面にコルクのザラザラがついている

コルクマットのビニールの包装を解いてみると、表面がコルク屑でザラザラしていることにお気づきかと思います。
これは製造過程で粉砕したコルクの粒を接着剤でつけているため、表面のコルクが取れるためです。

国内品ではなく、今では多く流通している海外製品のコルク素材を使った場合は、特にその傾向が強いようです。
海外で作られたものは表面を研磨仕上げするので、屑が発生しやすくなるのです。

とはいえ、このコルク屑が気になるのは最初だけで、使っていくうちに数日でこの屑は納まってきます。

《対策》
何日か経てば落ち着いてくるのですが、最初は軽く掃除機をかけたりコロコロペーパーで屑を取り除きます。
ただし掃除機を強くかけたり、コロコロペーパーの粘着力が強すぎるとコルクが剥がれてしまうことがあります。

掃除機は軽くかけるようにし、フローリング床用の「コロコロフロアクリン」を使うことをおススメします。
コロコロフロアクリンというのは強弱2種類の粘着テープを使用しているので、床面にベタッとくっつきにくい構造になっています。

コロコロフロアクリンにご興味のある方は「失敗しないお手入れ方法」でご紹介しておりますので、参考になさってください。




ニオイが気になる

包装パッケージを開けたらプーンと鼻につく臭いがする…
特に100均ショップで売られているような安価なものはこのニオイがきついようです。

このニオイの原因はコルクマットに貼りつけてあるEVA樹脂(エヴァじゅし)の臭いです。
クッション性の高いこのEVA樹脂を加工するときに使っている架橋剤(かきょうざい)が原因です。

このニオイは時間の経過とともに気化してニオイが拡散していきます。
なので、ほとんどのコルクマットの臭いは数日でなくなります。

EVA樹脂の安全性や特徴は「EVA樹脂の6つの特徴」の記事で詳しくご説明しております。

《対策》

質の良いコルクマットにはこのニオイを抑える加工が施してありますが、それでも気になる場合は床に敷く前に風通しのいい場所で陰干しすることをおススメします。

EVA樹脂に使われている架橋剤のニオイは気化しますから、数日干しておくだけでほとんど気にならなくなります。

色合いが段ボールを敷いたみたい・・・

素材が天然コルクですから、色のバリエーションは少ないです。
このナチュラルな感じを好む方もいれば、地味だと敬遠される方もいます。

《対策》
お好みの問題なので、カラフルな床材を求めるのならば、値段は高くなりますが着色されたコルクマットを検討されてはいかがでしょうか。



つなぎ目が目立つ

コルクマットはジョイント式なので部屋の大きさや形に合わせて30cmや45cm四方のマットを繋いでいくことになります。
このジョイント部分(つなぎ目)が目立つと見た目が悪くなりますよね。

見た目だけでなくつなぎ目の間に隙間ができるとゴミやほこりが溜まりやすいというデメリットにもなります。

《対策》
安価なコルクマットはジョイント部分がキチッとハマらないこともあります。
質の良いコルクマットならジョイント部分が目立たないよう、しっかりと作ってあります。

ただ、つなぎ目が目立たなくても目に見えないような細かいほこりやゴミは入り込みますので、一年に1度か2度は、コルクマットを剥がして掃除機をかけて、衛生面に気を付けてほしいと思います。

サイドパーツが無いと淵がギザギザのまま

100均ショップやホームセンターなどで売られているコルクマットの中には、サイドパーツが無いことがあります。
部屋にコルクマットを敷き詰めた時、部屋の壁に当たる部分(一番端っこの部分)がギザギザのままですと、ゴミが溜まる、ペットや赤ちゃんが悪戯して破損してしまう、端っこを口に入れてしまったりするという不具合が生じます。

《対策》
端の部分をカッターで切ってまっすぐにしてしまえばいいのですが、サイドパーツのあるコルクマットを買った方が後始末がラクにできます。
この時、違うメーカーのサイドパーツは合わないので注意してくださいね。



サイズやメーカーが違うとジョイントできない

メーカーによってジョイント部分の大きさや厚みが違うので、異なったメーカー同士のコルクマットをつなげることはできません。
同じメーカーでも大きさによって厚みがことなるので、故意にジョイントできないよう設計してあるものもあります。

一般的に大きいサイズのコルクマットはジョイント部分が大きく、レギュラーサイズのものはジョイント部分が小さい傾向があります。

《対策》
同じメーカー、同じサイズのコルクマットを選ぶことです。
リピーターが多い人気商品ではありますが、追加購入する際もサイズやメーカーを間違えないように気を付けてほしいと思います。

カッターで切りにくい

コルクマットのメリットとして「カッターやはさみで切りやすい」ことがあげられていますが、人によっては簡単に切れないこともあるようです。
もともと、カッターでも切りやすいように加工されたコルクマットですが、コツがつかめないとまっすぐに切れないこともありますよね。

《対策》
カッターを使うときには定規(できればステンレスなど、カッターで傷つきにくいもの)を用意するといいと思います。
力のない女性は特に、力を入れすぎるとまっすぐ切れないことがあるようですので、一度に切ろうと思わずに何度かに分けて切れ目を入れていくとうまくいくようです。



コルクマットの端が反り返る

コルクマットは消耗品ですが、そうそう頻繁に端っこが反り返るということはありません。
ただ、安いタイプのコルクマットは上に乗せた家具などの重みや日光にあたって部分的に収縮するなどの理由で、端が反り返ることがあります。


《対策》
安価なものは作りや材料もよくないので、質の良いコルクマットを選ぶことです。
ホームセンターなどにはサンプルが並べられていることもあるので、実際に指で押してみるなどして確かめることも大切です。

通販などでは、ある程度口コミの評価が参考になる場合もあります。



家具を置いた部分がへこむ

クッション性の高いコルクマットであるがゆえに、重たい家具や机などを置いたままにしておくと、その部分がへこんでしまいます。
一度へこんだ部分は跡が残って、元に戻ることはありません。

大掃除や部屋の模様替えで家具を外すと、そのへこみの部分が目立って気になることもあります。

《対策》
へこみを防止するには重たい家具などを上に置かないことです。
一度へこんでしまったコルクマットが気になるようでしたら、へこんだ部分だけ取り換えることができます。

何年も使ってコルクマットが劣化している場合は、一部分だけマットを入れ替えてもジョイント部分にずれが生じたりしますので、そうなったら前面の取り換えをおススメします。

厚みがある

コルクマットの厚みは8mmのもの、11mmのものなど多くが1cm強になっています。
さらに極厚タイプですと2cmになります。

これだけの厚みがあるのでクッション性は抜群、防音効果も得られるのですが厚みのある分、気を付けたいことがあります。

ドアの開閉、タンスなど引き出しの開閉、段差の問題です。
コルクマットをドアの前やタンスの前に敷いてしまうと、その開閉ができないことがあるのです。
また、部屋全体に敷き詰めない場合は床とコルクマットの段差に赤ちゃんや高齢者が躓くこともあります。

《対策》
予め、床とドアの隙間の高さを測っておきます。
もしドアが開かなくなるようなら、ドアの前だけコルクマットを敷くことをやめます。

段差が気になるようなら、薄手のものを使うなど生活スタイルに合ったコルクマットを選んだ方がいいと思います。



床暖房と併用できない

ホットカーペットや床暖房の上にコルクマットを敷くと、その熱で変形したり反り返ったりすることがあります。
寒冷地など床暖房をご利用のお宅ではその上に敷いたコルクマットが変形してしまっては、使い勝手がよくありません。

《対策》

ホットカーペットや床暖房に対応したコルクマットが販売されています。
ホットカーペットや床暖房と併用してご利用になりたい方は、それらに対応したコルクマットをご購入下さい。

ジョイントする手間がかかる

コルクマットはジョイント式ですからカーペットや絨毯と違って、一枚をそのまま広げて終わり!というわけにはいきません。
30cmか45cm四方形のマットを一枚一枚、組み合わせる必要があり、人によっては面倒くさく感じるかもしれませんね。

《対策》
こればかりは地道に一枚一枚ジョイントしていくしかないのですが、実際に敷き始めてみると思っていたより簡単に敷けた、というのが私の感想です。
口コミなどでも「思ったより時間が掛からなかった」、「簡単だった」という声を多くいただいております。

確かに手間はかかるかもしれませんが、一度敷いてしまえばあとは防音や転んだ時の怪我の防止になると思えばその作業もさほど辛くはないと思います。



値段が高い

普通のジョイントマットと違って、表面に天然コルクを使っている分、値段は高くなります。

安価なコルクマットもありますが、赤ちゃんやペット用に安全性を考えるとおススメはできません。

《対策》
これは対策というのではありませんが、一度頑張って敷き詰めてしまえばあとは、部分的に取り替えるくらいの手間で済みます。


コルクマットの通販は
「通販ショップ家具本舗」
がおススメです!


高齢の両親の介護の経験があり、現在2匹のアメショーのネコたちと
暮らす店長が、高齢者やペットにやさしいコルクマットの紹介をさせていただいています。

商品をお選びやすいよう、サイズ別に並べたわかりやすいショップになっておりますので、コルクマット本体と一緒にサイドパーツもまとめてご購入をお考えの方は是非どうぞ。

*税込合計購入金額が8,000円以上で送料無料になります。






同ジャンル関連ページ